記事の詳細

好みは千差万別ですが、一般的な賃貸アパート・マンション探すポイントは以下のように答えます。
●部屋、設備について
1)通風採光
日が当たらないと洗濯物も乾きませんし、風が通らないとあちこちカビが生えます。南東向き、南向きが人気が高いです。

2)都市ガスかプロパンか
都市ガスがおすすめです。プロパンは恐ろしく高いです。エリア的にプロパン以外選択肢がないのであれば近所に銭湯があると幸せです。

3)エアコンがあるか
マンションはともかくアパートは断熱がよくないため、エアコンがないとまず一夏乗り切れません。冬もエアコンがあればそれなりに過ごせます(地域にもよりますが)。エアコンの下には年式、型番が分かるシールが貼ってあるので内覧の際に写メを撮ってあとで調べましょう。あまりに古いと電気代がかかりますし、効きもイマイチです。

4)給湯器
これが古かったりするとシャワーでお湯がちょろちょろとしか出ず、悲惨な目にあいます。風呂を溜めるのも1時間かかり、その間にもどんどん冷めます。新しめの物件ならまず心配はないですが、築15年くらい〜の物件はよく確認しておきましょう。だいたい玄関脇かベランダにありますのでエアコン同様、年式と型番を写メしておきましょう。

5)アンペア数、コンセントの数と場所
古いアパートでは15Aなんてこともあり、お米を炊きながら電子レンジを使うとブレーカーが落ちます。あとで容量を増やせないケースもあるので確認しておきましょう。使いたい家電を考えつつコンセントの位置と数はチェックしておきましょう。無理なタコ足配線は火事のもとです。

6)照明器具はあるか
備え付けまたは前の住人が置いていったケースもありますが、なければ自分で買う必要があります。内覧は大体が昼間なので忘れがちですがきちんと確認しておきましょう。焦って近所の電気屋でダサい照明を買う羽目になります。

7)収納は充分か
一見広く見えても収納が少ない物件はおすすめしません。収納家具を買う&置く羽目になるからです。一間は欲しいところです。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    カテゴリー

    ページ上部へ戻る