記事の詳細

物件の探し方は、色々あります。
最近多い傾向としては、インターネットで自分で探すことです。

これは、沢山の物件が載っているので、非常に参考になりますが、はっきり行って、わかりにくいのも、事実です。
同じ物件が沢山載っているということもあります。

はっきりいって、目移りしますし、疲れます。
また、不動産サイトというのは、沢山ありますので、それを色々見ていると、更に疲れます。意外と、調べてみると段々わかってくるんですが、はっきり言って、100%完璧な物件というのは、ありません。
間取り・場所・条件などなど、どれかに不満があります。

もちろん、金に糸目をつけずに自分で買って、自分で建てれば、完璧な物件は完成します。
でも、予算というのもあるので、自分で建てても、理想の物件というのは、なかなか難しいですね。

じゃあ、どうすればいいのか?
これ、結構大事です。
多分、条件を箇条書きにすれば、沢山出てくると思います。
最初は、何でもかんでも書いてみて、それから、優先順位をつけてみましょう。

最寄り駅は?予算は?間取りは?広さは?徒歩何分まで?階数は?などなど、色々な条件がある中で、どれを優先するかそれによって、物件探しがかなり変わってきます。
気になる物件が見つかったら、不動産会社に問い合わせをしてみましょう。
意外と、これが一般の人に聞くと、ドキドキするらしいですね。
確かに、どんな会社なのか、知らない場合がほとんどですので、ドキドキするのも、仕方ありません。

ここで、安心したいために、名前の知っている会社に電話する人が多いです。
ピタットハウスとか、アパマンショップとか代表的ですね。

ただ、これらの会社は、いわゆるフランチャイズで、コンビニのオーナー店長みたいに、お店それぞれが独立した町の不動産会社なのです。

なので、街の不動産会社となんら変わりません。

また、サイトによっては、同じ会社の名前が沢山表示されている事があります。
これは、業界用語で、「客付会社」と呼ばれています。
問い合わせを増やすために沢山物件を載せて、案内をして仲介手数料で稼いでいる会社です。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    カテゴリー

    ページ上部へ戻る