記事の詳細

勤務先(若しくは通学先)に比較的近く、希望する路線・駅を調べ、通勤・通学ルートを一旦決める。(あくまでも仮)
通勤・通学時間、支払える家賃(+水道、電気、ガス、電話代等もかかることをお忘れなく)を決める。
家賃や間取り等希望が合わない場合は、実際の相場を見た後、再度③からやり直す。その際、家賃の問題の場合は、若干遠い駅に変更するか、路線や地域を変えてみる。
ある程度、候補物件が決まったら、グーグルマップやゼンリンの地図でその場所を調べ、周辺環境に問題がないか確認する。
賃貸住宅のサイトをうまく活用し、もっとも安く借りれそうな不動産業者を探し出す。
不動産会社へ連絡し、内覧の希望を伝え、幾つか候補の部屋を案内してもらう。
不具合・汚れ等を見つけたら、入居前に修繕してもらうよう依頼し、確約を得る。
すべての希望する物件を見たら、一旦頭を整理して、もっとも条件に合う物件を絞り込む。(数日考えてもよい。ただ、手付金等金銭は支払わないでおく。後に他社でよい物件を見つけた場合、返金してもらえない場合があるため。)
物件が決まったら、初期費用の準備をし、契約締結・引越業者選定・住所変更手続きを行う。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    カテゴリー

    ページ上部へ戻る