記事の詳細

“五年ほど前に現在住んでいるマンションへ引越しました。業者はフクフク引越センターに来てもらいました。
理由はネットで最安値だったうえに、電話の対応が信頼できそうだったこと。
その前に連絡した会社は(たぶんアートだったと思いますが)、いかにもやる気満々の若手営業という感じの人物が電話に出て、なにか口八丁という感じで信用できない感じでした。「僕以前そのあたりに住んでいて奇遇なので頑張りますよ。今ちょうどタイミングよく本社の部長が来ているので交渉して目いっぱい安くしますよ。」とか。『そんないい加減な』と感じました。
フクフクの事務員はそういう押してくる感じがなく自然な感じで、しかし、しっかりしているように思えました。
やって来た作業員も素朴な感じで親切でした。ショートトラックの料金でしたが、他を回る関係でロングで来ていて「まだ載るから、もっと持っていっていいですよ。(ショートの料金で)」と融通のきく感じで。
ただし、クーラーの取り外し業者への連絡が事務から行っておらず待たされた。新築への一斉入居を告げていなかったので、待ち時間が生じ追加料金を取られた(それでもトータルでは他よりかなり安かった)。というトラブルもありました。後者は自分が知らなくて告げなかったことですが、おそらく慣れた業者の事務員は事前に確認するのではないかと思います。
 しっかりしているように思えた事務員さんでしたが、以外にドジだったのだと思います。
作業員の人は「彼は、お客さんの受けは非常に良いんですよね。」と含みのある言い方で笑っていました。電話とメールで対応している客は同じように感じるのでしょう。
 おそらくフクフクが安いのは、メインの運送業のトラックが空いているときに遊ばせておく替わりに引っ越しをやっていたんだろうと思います。だからぎりぎりの料金だったと。現在はどうなのかは分かりませんが。
 小さい業者ゆえの融通はきく、営業的でなく素朴な親切さがある、しかし慣れていない部分もあったのかもしれない、という感じでした。”

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る