記事の詳細

賃貸住宅から引っ越しする時には何を行なえば良いのでしょうか。飛ぶ鳥跡を濁さずと言う言葉があるように、次の物件に移る為にはこれまで借りていた賃貸をきちんと引き払う事も重要です。正しい引っ越しの手順を確認しておきましょう。
新しい物件に移る為には、今住んでいる賃貸を解約しなければなりません。解約の手順や連絡方法は賃貸借契約書に書いているものですので、きちんと確認しておきましょう。契約満了時の退去ではなく、途中解約である場合、契約内容によっては退去する月の家賃も支払わなければならない事があります。
一般的に退去の連絡は電話一本で済むものではなく、必ず書面で通知するものです。必ず家主や不動産会社に通知した上で退去の日を決めましょう。
退去する日が決まったら、今住んでいる部屋に次の住人が入って来れるよう準備しなければなりません。電機や水道、ガスだけでなく、インターネットなど自分の為に契約していた会社に解約や変更の手続きを行ないましょう。この連絡をきちんとしておかなければ、後々トラブルに繋がります。
その後、転出届や転居届の提出を済ませましょう。
引っ越しの手順の中で一番重要になるのが、最後に控えている「室内確認」です。家主立会いの下で部屋の現状を確認するのですが、その際修繕が必要な箇所が見つかった場合は敷金からお金を差し引かれる事になります。出来る限り部屋は綺麗にして退去しましょう。
引越しをする際は以上の引っ越しの手順を踏まえた上で気持ち良く退去しましょう。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る