記事の詳細

私は引っ越しが大好きで2~3年に1度引っ越しをしています。

賃貸マンション物件を探す時のポイントは通常、
立地、間取り、お家賃、敷金礼金などで、
みなさんそれぞれ希望の条件があると思います。

複数の不動産屋さんに行ってみたりスーモやアットホームなどのインターネットサイトで探してみると意外に近隣に似たような空き物件が出ていることもあります。

ペット可などの特別な条件がある場合は別として、○○駅から徒歩10分圏内で、1LDK、家賃は○万円以下‥
くらいの条件ですと、間取りもキッチン等の設備も良く似た物件が複数あることが多いです。

今まで沢山引っ越しを繰り返してきた私が気が付いた特にこまかい条件よりもお金を重視!という方におすすめのチェックポイントがあります。
それはガス会社(料金)の確認です。
お部屋探しのひそかなチェックポイント

ガスは電気や水道のように地域で一律の価格ではなくマンションによってかなり大きく違います。
基本料金から1立米あたりの単価までそれぞれのマンションの契約によって全く違っています。

これは、マンションの建築時に給湯設備等のガス設備をガス会社の負担によって設置していることが多いためです。

このシステムにより、建物のオーナーさんは建築費用を抑えることができ、
ガス会社は、マンション全体のガス契約を貰うことができます。
そして、建築時に負担した設備代金の回収は、必然と
入居者の毎月のガス使用料の基本料金や単価を高く設定し回収することになります。

私の経験では、引っ越しでガス代が1.8倍になってしまったこともありました。

マンションでは自分だけガス会社を変えるということも出来ず
これでは、その分お家賃の高い物件に住んでいるのと同じになってしまいます。

お料理をする方はガスの使用量が多いので特に要注意です。
1.8倍ってかなり大きいです。

ガスの契約内容は、不動産屋さんに調べてもらえば
すぐに分かることですので、似たような物件で迷われた時は(そうでなくても?)
ぜひチェックポイントに追加してください。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る