記事の詳細

人は、転職や転勤に異動、通勤時間を短くする為、進学など学業の為などの事情で引越しをします。
引越しを合理的に実行するときは、計画を確認しておけば楽に進めることができます。

引越しの一ヶ月前には通学している学校(幼稚園・保育園)の転校手続きをします。
もちろん、引っ越し後は、各転校手続きも忘れてはいけません。
また、郵便物の転送手続きを済ませ新居に郵便物が届くようにします。

引越しの14日前から「転出届」を、今まで住んでいた場所の市・区役所や役場に提出します。
さらに忘れてはならないことがあります。
それは引っ越し後の「転入届」を提出しておくことです。
この手続きを怠ると、住民登録のない住所不定の状態になりますので、注意してください。

電気、ガス、水道の会社へ移転の連絡も大切です。
電話や新聞とケーブルテレビ(インターネット)・NHKなどに移転の申し込みをしておきます。
不用品は早めに処分をしておき、粗大ごみの処分の手配を済ませておきましょう。

梱包用資材の手配をして、荷造りを始めましょう。
合理性をはかる為に、荷物リストの作成をお勧めします。
細々した物は、軽トラなどで自分で運ぶのも良いでしょう。
しかし、大型の家電製品などは専門の業者にしっかり依頼することをオススメします。

印鑑登録、国民健康保険の手続きを済ませましょう。
また、引越し後に国民年金の手続きが必要になります。
運転免許証やパスポートについても同様に、変更届を提出します。

住所が変わることで、変更になる手続きがありますので早めに確認して済ませておきましょう。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る